忍者ブログ 世界初の先物取引

◇ひねくれおやじのサブカル談議◆

管理人は基本的に映画が好きです。辛口のコメントも含めて、アニメや映画について語ってみました。。。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08.21.13:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • ポチっと続きへ→人気ブログランキングへ

04.03.23:46

デビルマン、それは全ての始まりだった・・・

DEVILMAN_05_175aa-thumb.jpgこれはいまさら語るまでもない永井豪先生の大原作で、多分、1ページだけで語るべき作品ではないのだけれど、あえて取り上げて見る事にした。説明するまでもなくどなたもご存知であろう。

この作品、当初、TVアニメの企画が始まりだった。原作者は当時もっとも勢いのあった漫画家・永井豪。氏は当時、ハレンチ学園やあばしり一家で漫画の連載だけでも多忙を極めており、マジンガーZやゲッターロボの大ヒットで、ロボットアニメの原作者としても第一線だった。

企画の進行としては、TV版を脚本家の辻真先がオリジナルストーリーとして担当し、同時並行的に漫画版を永井豪が描いて行くと言う当時としては珍しい戦略が取られた。であるからして、漫画を題材にアニメ版が作られた訳ではない。

しかし、この二つの作品、「同一の基本設定を使用して描かれた2つの作品」でありながら、全く違うストーリー展開になっている。TV版はひたすら子供向けであり、当時の仮面ライダーを始めとする「変身ブーム」の煽りを受けてか、一話完結でデビルマンが仮の姿である人間の明から変身して妖獣と戦うという基本線を守り続け、ヒーローものとしてのスタンダードな展開は最後まで全うされた。

一方、漫画版は完全に成人向けとも言える内容で、作者の個性によって設定が拡大し終末テーマの大作SFへと発展していった。永井氏曰く、天啓が下って書かされた作品なのだそうだ。ちょっと神がかった言い回しで滑稽かも知れないけど、NHKのインタビューで真面目にそう答えていた。

TVでは主人公の不動明がメインヒロインの牧村美樹への愛に目覚め、仲間のデーモン族を裏切り彼女を守る為に戦っていたものが、やがては人類全体を守る形のヒーローに変わって行くと言う、何かアメコミヒーロー的なスパイダーマン的な展開であるが、漫画版では美樹への献身的な愛がどぎつく残酷に裏切られる極地の鬱展開になっている。しかも漫画版では不動明自身は決してデーモン(悪魔)ではなく、デーモンと合体した人間と言う設定である。

ストーリーの詳細についてはネタバレになるであろうから触れないでおくが、メインヒロインが惨殺されると言う漫画は恐らくメジャータイトルとしてはこれが最初の作品なのではないかと思う。まぁ、キャプ画がそのシーンの一部なのだけれども、そんなはっきり書き込まなくてもねぇ。。。とか思ったりする。

ストーリー展開やその壮大なテーマ性あるいは、バイオレンスジャックやデビルマンレディー、マジンサーガなど、その後続く永井豪作品とも世界観がリンクして来るこの作品は氏のライフワークそのものであろう。そういう意味ではまだ本当の物語完結には至っていないのかも知れない。

この作品から強く影響を受けた作品や作家は一体どれほどいるのだろうか?
恐らくガンダムでさえ、ここまで影響を与えたと言えるのだろうか?

例えば『新世紀エヴァンゲリオン』での庵野秀明はデビルマンからの影響をインタビューで語っており、『甦るデビルマン』では大槻ケンヂらがデビルマンから受けた影響を語っている。恐らく最近では「エルフェン・リート」「ベルセルク」「まどか・マギカ」「バスタード」「グインサーガ」とかはモロですね。ベルセルクはそのモチーフまでオマージュ的な要素が見て取れる。ちなみにチャゲ&アスカの飛鳥了って芸名もしかり。

当時の流行作品は、どういう訳か『マーズ』『ワースト』『リュウの道』と言った破滅SFが転がっており「人類は滅ぶべき存在なんだ」という概念がワンサカあったんだけれども、そのトドメを刺してくれたのが『デビルマン』であったんじゃないかな。

この作品のテーマはズバリ善と悪の相対性であって、悪魔は絶対悪ではなく神は絶対的な善ではない。絶対的に正しい物などこの世にはない。同じ出来事でもある人にとっては善であるかもしれないし、ある人にとっては悪かも知れない。例えば、地球にとって人類はシロアリかもしれないしね。戦争だって人類が自滅してくれれば他の生物とっては良いことかも知れない・・・つまり、全てが無常である・・・てとこなのだろうけども、そこまで言うと宗教がかって来るので深く掘り下げるのは懸命ではなかろう。

・・・なんか、マギカのきゅーべぇを思い出してしまった。
これ以上書くと鬱が加速しそうなので、またの機会に改めてこの作品については語りたいと思う。。。

すごく途中な終わり方でゴメンナサイ。

あらすじ:
不動明は父の親友の牧村家で居候になりながら、家の娘の牧村美樹と共に名門学院に通う普通の学生。ある日突然現れた親友の飛鳥了に「氷の中で眠っていた地球の先住人類「デーモン」が、何万年の時をへだてて現代によみがえり再び地球を人類から奪い返そうとしている。」と知らされ、人類を守るために了の父である飛鳥教授の残した「恐怖の遺産」を受ける事、すなわちデーモンと合体して悪魔の力を手に入れる事を決意する。そして・・・

ほなな~♪

拍手[2回]

PR