忍者ブログ 世界初の先物取引

◇ひねくれおやじのサブカル談議◆

管理人は基本的に映画が好きです。辛口のコメントも含めて、アニメや映画について語ってみました。。。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.18.04:20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • ポチっと続きへ→人気ブログランキングへ

04.15.01:15

まりあ†ほりっくに新作がご登場するようで・・・

b53672bf.jpgこれは宣伝ではありませんよ。もちろんアフィも絡んでません。そもそもこんなクソブログ、宣伝する力ねぇしww

では、何故取り上げたかって言うと、とりあえず新房監督の最新作で、シャフトめしウマ状態を観察~っ!!とか思ったからであります。

正直、普段は少女マンガ何ぞホトンド読む事も無く、アニメで見た記憶があるのは・・・えーとぉ、、、エースを狙え!とかベルばら、くらいしか記憶に無いのだけれども、このまりあほりっくは唯一笑えたねぇ。。。パタリロ以来かな。

個人的には、百合設定のストーリーはあんまり興味ないし、それで話が広がるとは思えないんだけれども、この作品はちゃんと奥行きを持ってストーリーが展開して行く。そこは無理を感じることもない。

さて、この番組の最後には結構なつかしい曲が使われているが、ここあえてその点に注目したい。ここで使われているのがYMOの名曲「君に胸キュン」。これは完全に監督である新房のセンスであることは間違いないと思うが、年代的に壷な曲でもあるんでしょうな。これは明らかに絶望先生とかも同じ感覚で選んでいるのが見て取れる。

そんなわけで、おっさん世代視点から、なぜ「まりあ†ほりっく」にYMOの「君に、胸キュン。」が選ばれたのかを、うがった目で考察してみます。

「君に、胸キュン。」は最初から「テクノ歌謡」の名を語り、「はい、ひねくれますよー」というレッテル貼りを自分に施しています。Perfumeが人気あるのに便乗しつつカウンター、というスタンスともとれますね。この独特なはりぼて感は、ちょうど作品の主人公鞠也に当てはまります。鞠也は超絶美形の女装っ子。どこからどう見てもかわいらしい少女なのに、中身はがっちりドSな男子なわけですよ。・・・オカマじゃないのよ。

「こうしたら、お気に召しますか?」という彼の腹黒さと、あまりにも完成した美しさが、YMOがとったスタンスと同じベクトルと考えることもできます。ひいては作者である遠藤海成先生のテクニックにも通じるものがあります。よろしい、じゃあ僕らも乗っちゃうよ?面白い事可愛いこと大好き!・・・ってかwww

そして、かなこの存在がなんともおやじ臭いあたりが面白いのですが、彼女が「分かっていながら振り回される」という鞠也との立ち位置の関係が、非常に「君に胸キュンなんでしょう?」と「ナウい恋愛」をネタにしたYMOのひねくれっぷりと似ています。

・・・・・てな訳で、非常に第二期も期待出来る作品ではありますが、皆さんはSそれともM?w

あらすじ:
男性恐怖症同性愛者(百合趣味)の女子高生・宮前かなこは、運命の相手(女性限定)との出会いを求めて、天の妃女学院附属中学高等学校に編入する。そこで出会ったのは、1年下の祇堂鞠也。その可憐な美少女ぶりに舞い上がるかなこだったが、ひょんな事から鞠也が実は男であることを知ってしまう。しかし、鞠也もまたかなこの百合趣味を見抜き、互いの秘密を握ったまま、かなこは鞠也と、彼に仕えるメイド・汐王寺茉莉花に監視される形で、寮の同室で暮らす破目になる。それは、かなこの波乱に満ちた学園生活の始まりだった。

ほなな~♪

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL