忍者ブログ 世界初の先物取引

◇ひねくれおやじのサブカル談議◆

管理人は基本的に映画が好きです。辛口のコメントも含めて、アニメや映画について語ってみました。。。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.21.01:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • ポチっと続きへ→人気ブログランキングへ

04.29.21:37

シャフトはいまや京アニ以上ではないのか・・・!?

e703.jpg京都アニメーションが一つの制作スタジオとしてブランド化した件に付いては過去のレビューについても述べてますが、京アニは決して新参のスタジオではなく結構老舗と言うか古い会社なんですよ。虫プロの下請けをやってたほど昔からあります。

さてさて、その台頭著しい京アニの向こうをはって最近ヒット作を生み続けているスタジオがあります。そうです。表題にも触れますようにシャフトさんです。今日はそのシャフトと言う制作集団について触れてみたいと思いまするん♪

実はこのシャフトと言う集団、会社としての歴史はやはり古くて、ここも虫プロの流れを組む会社なのです。初代の社長さんは元虫プロの社員で、当時は新入社員だった富野喜幸に仕事を教えていたそう。。。

そしてそのシャフトが制作集団として本格的に動き出したのやっぱり「月詠-MOON PHASE-」からだと思うんですね。はっきり言うと新房昭之と組み始めてからだと思うわけです。それまではどらえもんの下請けなどが多くてあんまりパッとしたところはありませんでした。作風としては、実験の様な物やスタッフの遊びにしか見えないものが多く、中には素人が手掛けたとしか思えないほどの手抜きもありました。

そのため黒歴史率が高く、シャフト製作というと死亡フラグとなった時代もあったくらいです。社長が交代したのが良かったンだろうか。。。

シャフトが手掛ける作品は結構幅があって、SFから時代劇、シリアスなものからギャグ漫画まで実に多彩です。でもヒットしているのは新房監督が手掛けるものばかりと言う色が見えて来ますよ。

最近のシャフトが手掛けたヒット作・・・ぱにぱにだっしゅ、ネギま、ひだまりスケッチ、さよなら絶望先生、まりあほりっく、夏のあらし、ダンスウイズバンパイアバンド、荒川アンダーザブリッジ、それでも町は廻っている、電波女と青春男

などがありますね。そしてそして、特に筆頭に挙げるべきなのは、「化物語」と「魔法少女まどか★マギカ」でしょう。これらは本当に説明の必要ないくらいにヒット作となりました。

また、ここはリテイク、すなわち手直し修正を徹底して行うことでも有名で、放送時とDVDはかなりの場面がはっきりと変わっている事が多く、リテイクが原因で発売日が遅れる事もしばしば。これは新房監督と組み始めてから目立って作画の乱れが増えた事が原因とも言われています。職人的こだわりが強いとも言えなくもありませんけど・・・。化物語のなで子の回は、DVDのそのほとんどがリテイクでした。

このあいだ、「まどか★マギカ」が最終回を迎えたので、現在シャフト作品で放映中なのが、まりあほりっく2と電波女・・・になるわけですが、これらの作品はどの程度にヒットするんでしょうか?

シャフトの名前がブランドの変わるのはそう遠くないかもしれません。

でも、その前に黒歴史を払拭する必要がありますけども・・・w

ほなな~♪

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL