忍者ブログ 世界初の先物取引

◇ひねくれおやじのサブカル談議◆

管理人は基本的に映画が好きです。辛口のコメントも含めて、アニメや映画について語ってみました。。。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.24.06:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • ポチっと続きへ→人気ブログランキングへ

05.02.16:26

鬼神伝を見て来ました。。。

ap2011042500101_g03.gifむかしむかしの古き良き(かどうかは定かではないけど・・・)時代の日本の劇場用アニメーションを彷彿させる内容であった。まぁ、苦しゅうない。こんな演出もありなのじゃろうて・・・はっきり言って、初期のお宮崎駿作品の亜流にしか見えんかった。とにかく「太陽王子ホルスの冒険」が頭の中で浮かんでは消えたのヨン♪

監督はナルトでお馴染みの川崎博嗣。だから、映画の雰囲気は多分にナルトっぽかったよ。後から考えると随所にそんなシーンが思い出される。ただ、色んな意味で古くささが目に付く映画。そして原作は子供向けなんだろうけども映画自体は子供が見て楽しい作品かどうか?マークが付く部分もある。

ヒドイのは映画としての全体の纏まり感と脚本のだろうな。特に源雲が麻呂を暗殺まで守った秘密を主人公が普通に質問しただけなのにあっさり吐露してしまうくだりは、いくらなんでもないんじゃない。ストーリーを説明させる為か、映画としての尺のの都合かはワカランけれどもバランス悪いだろww

褒めるべき部分があるとすれば、戦闘シーン。これは実写に負けないほどの迫力物ではあったかなぁ。。。コマの送り方とかカメラアングル。板野サーカス的なセンスは随所に感じられたよ。そこはやっぱりベテラン監督の面目躍如って感じだと思う。。。

あえて、言うと55点くらいの作品。で、赤点は回避出来たくらいに考えてもらうのが良かろうと思う。退屈せずに見るのは困難。しかしながら、往年の東映動画のテイストに浸りたい方にとっては随分なつかしい空気を与えてくれるので、そういうのが好きな稀有な人々限定にてこの映画をオススメする次第である。

あらすじ:
父親を7年前に事故で亡くし、母と2人で暮らす京都の中学生・天童純。ある日の学校帰り、突然現れた謎の魔物に追い掛けられた純は、ある寺に迷い込み、時空を超えて平安の都に連れて行かれてしまう。平安の都では鬼と呼ばれる者たちがさまざまな妖術を使って自然を操り、都の安寧を脅かしているという話を貴族から聞いた純は……。

ほなな~♪

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL